名入れグッズ・オリジナルギフトの宮内洋行

2017年名入れカレンダー激安通販32,400円以上のご購入で送料無料!

宮内洋行 電話番号:0120-888-652









ショッピングカートを見る





トップページ


よくあるご質問


お問い合わせ


サイトマップ





名入れ商品メニュー
名入れカレンダー 2017年

超即納・短納期カレンダー

即納・短納期カレンダー

売切れ御免!小ロット即納

人気カレンダー

定番・文字月表

オシャレ文字月表

かわいい文字月表

3ヶ月カレンダー

ジャンボ文字月表

デスク・卓上カレンダー

ダイアリー・手帳

日めくり(名入日表)

ペット

ドッグ

キャット

フィルムカレンダー

建築・ハウジング

作家作品

外国人作家

日本人作家

イラスト

風景・庭

日本風景

世界風景

世界遺産

名言・格言・開運

自動車・乗り物

スポーツ(釣り・ゴルフ)

ジャンル一覧はコチラ


即納グッズ

必勝はちまき・手ぬぐい

名入れうちわ

オリジナル扇子

オリジナル必勝グッズ

名入れTシャツ&ウェア

名入れ帽子

名入れタオル

オリジナルバッグ

ポケットティッシュ




ジャンル別検索

簡単無料見積

弊社の名入れ商品とは



インフォメーション


会社概要



お客様に商品が届くまで



各種お支払い方法



送料



通信販売法に基づく表記



プライバシーポリシー



代理店のご案内



お支払い方法

安心・安全

宮内洋行



ホーム > うちわの歴史&豆知識

うちわの歴史&豆知識


うちわの歴史&豆知識

漢字でうちわは「団扇」と書きますが、そもそもはこれは宛て字です。 ただしそれぞれにはちゃんとした意味があります。 「団」は丸い物を表現する漢字です。例えば「団子」「団栗」(どんぐり) 「扇」は風を{あおぐ}という意味です。元々「あおぐ」「あおぐ」・・・「おうぎ」・・・ってなったそうです。


団扇(うちわ)の起源は紀元前3世紀・・・

中国の周時代(紀元前3世紀)にはすでに存在。愛用者有名人、三国志時代、諸葛亮孔明・・・白羽扇。紀元前3世紀頃のエジプトラムセス2世の墓地壁面に描かれていた。日本へは2、3世紀頃に登場(奈良県明日香村の高松塚古墳の壁画より)現在の大うちわのような形状で扇面に長い柄が付いていた。


うちわの種類

中国月扇・・・1本の細竹を柄の部分を残し細かく割り、放射線状に広げて紙を貼ったもの。
朝鮮団扇・・・木または竹で挿柄したもの。
南方系葉扇・・樹の葉などで作ったもの。


うちわの用途の移り変わり。うちわの歴史は長いのです。

基本的には涼をとるための道具として利用されてきた団扇(うちわ)は、歴史上さまざまな場面で利用されているのです!

古くは・・・日差しをさえぎるために使ったり、祭礼などに用いられ、貴人や女性の顔を隠すために使用。

奈良、平安・・・朝議で天皇の顔を隠す長柄の翳(かざし)に進化。 また天皇の食事をさましたり、宮中の火起こしにも使用。

僧侶・・・ハエや蚊などの虫を追い払うために使用。

戦国時代・・・軍配団扇として、戦争時の指揮用として使用。 今でも大相撲の行司が使用している軍配はその名残なのです。

江戸時代・・・多色刷りの役者絵や美人画などのうちわが出回る、今でいうアイドルうちわ?

他にも、神事や厄払いの道具として使用されることもありその時代時代で色々な使われ方をしてきました。


日本の「三大有名うちわ」とは!?

●京団扇(都うちわ)
京うちわは「都うちわ」とも呼ばれ、宮廷でも用いられた極めて優美なものです。”差し柄”と呼ばれる製法は、地紙面と把手(とって)を別に作る方法で、京うちわの大きな特徴になっています。京うちわの構造は朝鮮うちわの流れを汲むもので、沢山の竹製の細い骨によって地紙が支えられています。

●讃岐うちわ(丸亀うちわ)
金毘羅参拝の土産物として名高い丸金 印入りの渋うちわが丸亀で作られ、また、天明年間(1781〜1789年)には、丸亀藩江戸詰大目付瀬山登が丸亀藩の下級武士の内職として大いに奨励したことが、丸亀におけるうちわ作りの基礎となったとされている。丸亀におけるうちわの生産は、全国のうちわ生産量の約90(特徴等)%を占めている。

丸亀うちわの特徴は、柄と骨が一本の竹で作られているものが多いことで、また、古くから「伊予竹に 土佐紙貼りて あわ(阿波)ぐれば 讃岐うちわで 至極(四国)涼しい」と謡われているように讃岐の特産として名を馳せているところである。

●房州うちわ
持つ所が丸い竹でできているうちわを「房州うちわ」と言います。その多くは、舟形と那古で生産され、明治23年、那古に住む忍足信太郎さんが「割ぎ竹(さぎだけ)」の加工を内職として手がけたのが房州でのうちわづくりの始まりです。それまでは、丸竹のままうちわの材料として東京の問屋に出荷されていました。明治30年になって、同じ町に住む岩城庄吉さんが本格的に「割ぎ竹」の加工を始め、大量の加工品を出荷するようになり、大正の初めには「マド」と呼ばれるうちわの骨づくりまでの加工が出来るようになりました。


団扇(うちわ)はイベントに最適なツールなのです!!

暑い夏、「うちわ」を持っていると風情があり涼しくなれる。それだけではありません。 スポーツ観戦には、みんなで応援うちわとして、外でBBQする時には煙を避けたり、火を熾したり、お土産、贈呈品、インテリアに・・・と歴史ある団扇をどんどん生活に取り入れていきましょう。









会員ログイン



ID.パスワードをお忘れの方



会員退会手続きはこちら

会員登録

ランキング


第1位


クラフトスケジュール









第2位


グリーンカレンダー









第3位


モノトーン文字









第4位


スケジュール









第5位


格言集 道 紐付き



メールマガジン登録



登録・修正・削除



購読の特典について

プレゼント企画



応募方法について

知識の泉



カレンダーの歴史



用語六曜十二支



休日・祝日の歴史



うちわの歴史&豆知識

コラム



社長の独り言



社員日記



名入れオーダーメイドの宮内洋行社長日記



COPYRIGHT(C) MIYAUCHIYOUKOU CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.