名入れグッズ・オリジナルギフトの宮内洋行

2016年名入れカレンダー激安通販32,400円以上のご購入で送料無料!

宮内洋行 電話番号:0120-888-652









ショッピングカートを見る





トップページ


よくあるご質問


お問い合わせ


サイトマップ





名入れ商品メニュー
名入れカレンダー

即納グッズ

必勝はちまき・手ぬぐい

名入れうちわ

オリジナル扇子

オリジナル必勝グッズ

名入れTシャツ&ウェア

名入れ帽子

名入れタオル

オリジナルバッグ

ポケットティッシュ




弊社の名入れ商品とは

ジャンル別検索

簡単無料見積



インフォメーション


会社概要



お客様に商品が届くまで



各種お支払い方法



送料



通信販売法に基づく表記



プライバシーポリシー



代理店のご案内



お支払い方法

安心・安全

宮内洋行



ホーム > 用語六曜干支 >十二支由来

十二支由来


カレンダーアラカルト

暦に出てくる名称

十二支由来


十二支の動物

不思議な干支

カレンダーQ&A


春分の日




十二支の由来

昔々、ずぅーっと昔のこと。

ある年の暮れに動物の神様が、動物どもに「元旦に新年の挨拶ば来い。したらば、一等から十二等まで選んで、その一年の間動物のかしらにし、人間世界を一年ずつ守らせてやるど」と、いうお触れを出したそうな。

それを聞いた山や森や野の動物ども、「よっしゃー、われこそ来年のかしらになってやるどぉ」と、元旦を今か今かと待っておった。ところが猫は、どうしたものだか、神様のところへ行く日をポイッと忘れてしもうた。で、仲のいいネズミのところへ聞きに行った。

「ねずみどん、ねずみどん、ちょっと尋ねるが、神様のところへ行く日はいつだったかな?教えてくれんか」。ほしたらネズミ、ケロッとした顔で言ったそうな、「そりゃあ、二日の朝に決まっておるがな」「ほうか、ほうか、二日だな。すまん、すまん」猫は、うれしがって帰っていった。

こうしているうちに、大晦日になった。牛は、すっかり薄暗いところでモソモソ、モソモソやっておった。「おら、人一倍のろまやで、今夜たつことにするべ」と、旅支度をはじめたそうな。それを屋根裏からのぞいていたネズミは、ぴょんと牛の背中に飛び乗った。そうとは知らん牛は、夜道を霜をふみふみ御殿へ向かっていったそうな。やがて御殿の門へついた。

「ほー、誰も来ておらん。今年のかしらは、このわしに決まったようなもんじゃわ」と、つぶやき、よだれを垂らしながら開門を今や遅しと待っておった。

やがて東の空がポッと白むと、ケケロッケー、ケケロッケー夜が明けたーと、里の方で一番どりが時を告げ、門はおもむろに開いたそうな。

牛は、にんまり笑うて門をくぐろうとしたとき、背中にいたネズミがぴょんと降り、チョロチョロっと門の中に入り、「明けましておめでとうございます。ネズミが新年のご挨拶にあがりました!」と、一番乗りを名乗ったそうな。で、牛は二番になり鼻の穴をべろでなめておった。

とらは、千里の道をヒューっと飛んできたが三番になった。

続いてうさぎ、たつ、へび、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、いのししが入ってきたところで、門はチャーンと閉められたそうな。

これが、十二支のはじまりというわけだ。

ねこは、二日の朝早く門をダンダンたたいたが、神様に、「誰だと思ったらねこでねえか。おめえさん日を間違えただな。もう十二番までのかしらはとうに決まってしもうた。寝ぼけていねえで、つらでも洗って出直して来なされ」と言われ、すごすごと帰って行ったそうな。

それから、ねこは毎日顔を洗うようになったが、嘘をこいたネズミをいまもって、恨み、ネズミを見つけると捕まえるようになったんだとさ。

この話が職人衆の間に広まると、二日酔いかなんかで時間に遅れて仕事に来て仲間にはいれん者を「あいつはねこ年だ」と、言うようになったそうな。
民話集より







会員ログイン



ID.パスワードをお忘れの方



会員退会手続きはこちら

会員登録

ランキング


第1位


オリジナルはちまき









第2位


イベントはっぴ









第3位


ラッセルイベントキャップ









第4位


オリジナルカラーうちわ









第5位


必勝はちまき



メールマガジン登録



登録・修正・削除



購読の特典について

プレゼント企画



応募方法について

知識の泉



カレンダーの歴史



用語六曜十二支社



休日・祝日の歴史



うちわの歴史&豆知識

コラム



社長の独り言



社員日記



名入れオーダーメイドの宮内洋行社長日記