名入れグッズ・オリジナルギフトの宮内洋行

2016年名入れカレンダー激安通販32,400円以上のご購入で送料無料!

宮内洋行 電話番号:0120-888-652









ショッピングカートを見る





トップページ


よくあるご質問


お問い合わせ


サイトマップ





名入れ商品メニュー
名入れカレンダー

即納グッズ

必勝はちまき・手ぬぐい

名入れうちわ

オリジナル扇子

オリジナル必勝グッズ

名入れTシャツ&ウェア

名入れ帽子

名入れタオル

オリジナルバッグ

ポケットティッシュ




弊社の名入れ商品とは

ジャンル別検索

簡単無料見積



インフォメーション


会社概要



お客様に商品が届くまで



各種お支払い方法



送料



通信販売法に基づく表記



プライバシーポリシー



代理店のご案内



お支払い方法

安心・安全

宮内洋行



ホーム > 用語六曜干支 >不思議な干支

不思議な干支


カレンダーアラカルト

暦に出てくる名称

十二支由来


十二支の動物

不思議な干支

カレンダーQ&A


春分の日




不思議な干支


干支(えと)

「干支」と書いて「えと」と読みます。通常、「えと」と言われると十二支で答える人がほとんどですが、「干」は十干を「支」は十二支を意味します。「え」は兄(え)、「と」は弟(おと)の意味をあらわします。

「干支」とは十干と十二支を組み合わせたものであり、甲子から始まり癸亥で終わります。

参考までに「五行大義」には、「支と干とは五行によって立てられたものであり、北斗七星の柄の指すところを占い、始めに十干を作りこれを日に名付け幹と言い、次に十二支を作りこれを月に名付け支と言った。天上に事がある時には日を用いて占い、地上に事がある時には月を用いて占った。天地、陰陽の別があるために支と干という名があるのである。」とあります(要約)。

十干(じっかん)

十干というのは甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)・戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じん)・癸(き)の総称です。
日の順序を示すための数詞であったと考えられています。

十干(じっかん)を、五行(木・火・土・金・水)を二つずつ分けて、それぞれを陽の気を表す「兄(え)」と、陰の気を表す「弟(と)」に当て、下記のようになりました。


甲:木の兄

乙:木の弟

丙:火の兄

丁:火の弟

戊:土の兄

己:土の弟

庚:金の兄

辛:金の弟

壬:水の兄

癸:水の弟


十二支(じゅうにし)

本来は、木星が十二年で天を一周することから、中国の天文学で、毎年度における木星の位置を示すために天を十二分した場合の称呼であります。子(し)・丑(ちゅう)・虎(いん)・卯(ぼう)・辰(しん)・巳(し)・午(ご)・未(び)・申(しん)・酉(ゆう)・戌(じゅう)・亥(がい)の総称です。

これらを十二の動物にあてることから日本では、ね(鼠)・うし(牛)・とら(虎)・う(兎)・たつ(龍)・み(巳)・うま(馬)・ひつじ(羊)・さる(猿)・とり(鶏)・いぬ(犬)・い(猪)と読みます。

十二年ごとに一巡する年回りを示し、また十干(じっかん)と組み合わされて、甲子(きのえね)・乙丑(きのとうし)から壬戌(みずのえいぬ)・癸亥(みずのとい)まで、六十年で一巡する年、あるいは六十日で一巡する日をあらわすほか、時刻や歴法や方角などを示すのに用いられています。

十二支はそれぞれが動物神と重ね合わされ、毎日の生活の中に親しみを持って今日まで伝えられています。十二支をそれぞれ形どった動物の置物は、その年一年間の縁起物・厄除けとして、古くから年毎に飾られる風習となっています。







会員ログイン



ID.パスワードをお忘れの方



会員退会手続きはこちら

会員登録

ランキング


第1位


オリジナルはちまき









第2位


イベントはっぴ









第3位


ラッセルイベントキャップ









第4位


オリジナルカラーうちわ









第5位


必勝はちまき



メールマガジン登録



登録・修正・削除



購読の特典について

プレゼント企画



応募方法について

知識の泉



カレンダーの歴史



用語六曜十二支社



休日・祝日の歴史



うちわの歴史&豆知識

コラム



社長の独り言



社員日記



名入れオーダーメイドの宮内洋行社長日記