名入れグッズ・オリジナルギフトの宮内洋行

2018年名入れカレンダー激安通販32,400円以上のご購入で送料無料!

宮内洋行 電話番号:0120-888-652









ショッピングカートを見る





トップページ


よくあるご質問


お問い合わせ


サイトマップ





名入れ商品メニュー
名入れカレンダー

即納グッズ

必勝はちまき・手ぬぐい

名入れうちわ

オリジナル扇子

オリジナル必勝グッズ

名入れTシャツ&ウェア

名入れ帽子

名入れタオル

オリジナルバッグ

ポケットティッシュ




弊社の名入れ商品とは

ジャンル別検索

簡単無料見積



インフォメーション


会社概要



お客様に商品が届くまで



各種お支払い方法



送料



通信販売法に基づく表記



プライバシーポリシー



代理店のご案内



お支払い方法

安心・安全

宮内洋行



ホーム > カレンダーの歴史 >暦を支配した権力者たち

暦を支配した権力者たち


カレンダーの歴史

暦を支配した権力者たち

世界に誇れるカレンダー


技術とデザインの急成長

カレンダーの素朴な疑問

コミュニケーションの基本




暦を支配した権力者たち

紀元前8世紀

紀元前8世紀、ローマ皇帝ロムロスによる『ロムロス暦』は10か月、1か月を30日と31日にし304を1年とした。年の初めは、春。寒い季節の間は暦に入れなかったのだ。こんなおおらかな考えは長く続かない。同世紀末、皇帝ヌマは10月のあとに2か月を加え、1年を12か月とした。月の周期で計算すると、1年は354日となるが、奇数を尊ぶ当時の習慣から355日に決めた。

紀元前153年

紀元前153年になって、3月の前に2か月を置く『ヌマ暦の改革』が行われた。これで7番目の月、SEPTEMBERが9番目の月に繰り下がってしまい、「9月」となったのである。

紀元前46年

紀元前46年、皇帝ユリウスによって用いられた『ユリウス暦』で、1年は365日となり、奇数月を31日、偶数月を30日とした。ところが、のちにオーガスターという皇帝が自分の生まれた8月を自分の名に変え、31日にしてしまった。7、8月と大の月が続くことになり、いろいろ手直しした結果、2月を2日縮めて28日に決めた。こんな皇帝が現れなければ、私たちは今、小の月は「2・4・6・9・11」(にしむくさむらい)などと覚えずにすんだのです。

16世紀

時代はくだって16世紀になると、暦と実際の季節との違いが大きくなった。昼と夜の長さが同じになる春分を、暦の上で3月21日と決めたものの、実際には3月11日が春分となってしまう。そこでローマ法王グレゴリオ13世は「年号が4の倍数の年を閏年」として、調整した。いわゆるグレゴリオ暦である。そして、これまでのズレを改めるために、1582年10月5日の翌日を思い切って10月15日としてしまった。日本でも月の動きを元にした陰暦から太陽暦に切り替えた明治5年、12月2日の翌日を明治6年1月1日にするというあらっぽいことをやっている。時の権力者が勝手に暦を変えたことも多くあった。閏月を自分の都合に合わせて変えたり、月に自分の名前を付けたり。しかし、最高の権力者といえども、結局は自然の営みには勝てず、自然に歩みよる形で暦は改良されてきた。







会員ログイン



ID.パスワードをお忘れの方



会員退会手続きはこちら

会員登録

ランキング


第1位


オリジナルはちまき









第2位


イベントはっぴ









第3位


ラッセルイベントキャップ









第4位


オリジナルカラーうちわ









第5位


必勝はちまき



メールマガジン登録



登録・修正・削除



購読の特典について

プレゼント企画



応募方法について

知識の泉



カレンダーの歴史



用語六曜十二支社



休日・祝日の歴史



うちわの歴史&豆知識

コラム



社長の独り言



社員日記



名入れオーダーメイドの宮内洋行社長日記