名入れグッズ・オリジナルギフトの宮内洋行

2018年名入れカレンダー激安通販32,400円以上のご購入で送料無料!

宮内洋行 電話番号:0120-888-652









ショッピングカートを見る





トップページ


よくあるご質問


お問い合わせ


サイトマップ





名入れ商品メニュー
名入れカレンダー

即納グッズ

必勝はちまき・手ぬぐい

名入れうちわ

オリジナル扇子

オリジナル必勝グッズ

名入れTシャツ&ウェア

名入れ帽子

名入れタオル

オリジナルバッグ

ポケットティッシュ




弊社の名入れ商品とは

ジャンル別検索

簡単無料見積



インフォメーション


会社概要



お客様に商品が届くまで



各種お支払い方法



送料



通信販売法に基づく表記



プライバシーポリシー



代理店のご案内



お支払い方法

安心・安全

宮内洋行



ホーム > カレンダーの歴史 >世界に誇れる日本のカレンダー

世界に誇れる日本のカレンダー


カレンダーの歴史

暦を支配した権力者たち

世界に誇れるカレンダー


技術とデザインの急成長

カレンダーの素朴な疑問

コミュニケーションの基本




世界に誇れる日本のカレンダー

日本のカレンダー

日本で作られているカレンダーは、種類にして2〜3万種、数にして1人平均2.7部。日本列島がカレンダーに埋まってしまうような数字だ。そのほとんどが、企業が自社の名や商品をいれて作る企業カレンダーである。企業カレンダーは原則として無料で配られる。
カレンダー、つまり、暦は家庭に入りやすく、365日使って貰える。新聞広告やラジオ、テレビ広告などに比べて保有性が格段に高い。情報媒体としては、最高です。
日本のカレンダーは、質・量ともにいまや世界に誇れる日本のカレンダーである。

外国のカレンダー

外国では、市販されているものが多く、人々は自分の気にいったものを買い求めるのが普通。「カレンダーはもらうもの」が常識の日本とはずいぶん違う。タダといっても、日本製のカレンダーが外国製と比べて、劣るということはない。むしろ、外国製よりデザインにせよ、印刷にせよ優れている。外国で「日本のカレンダーが欲しい」と現地人にせがまれる、という話はよく耳にするところだ。







会員ログイン



ID.パスワードをお忘れの方



会員退会手続きはこちら

会員登録

ランキング


第1位


オリジナルはちまき









第2位


イベントはっぴ









第3位


ラッセルイベントキャップ









第4位


オリジナルカラーうちわ









第5位


必勝はちまき



メールマガジン登録



登録・修正・削除



購読の特典について

プレゼント企画



応募方法について

知識の泉



カレンダーの歴史



用語六曜十二支社



休日・祝日の歴史



うちわの歴史&豆知識

コラム



社長の独り言



社員日記



名入れオーダーメイドの宮内洋行社長日記